スタッフブログ

「地盤から考える」地震に強い家づくりセミナー in コンベックス岡山

 

迫りくる地震の脅威から我が家を守る対抗策として、

「地盤」

にフォーカスを当て、講演会を行いました。

今回お招きしたのは国立研究化学法人防災科学研究所 マルチハザードリスク研究部門主幹研究員/博士(工学)の先名 重樹先生です。 地震と地盤の権威です。

そして、「地震に強い家づくり」の実現に向け、「微動探査」を採用した地盤ネット株式会社様です。

 

従来の測定方法で分かるのは「ここの土地の地盤はどれだけ固いか」ですが、この微動探査で分かるのは、「ここの土地の地盤はこれだけ揺れやすく、こういう風に揺れます」というものをピンポイントで測定できます。これは凄いことです。

地震というという家づくりとは切っても切り離せない、しかもいつ起こるか分からない脅威に対して、「揺れやすさ、揺れ方が分かる」というのは、とてつもない武器になります。

 

元々県外者である私は、岡山県は地震の来ない安全なところだと思っていました。が、しかし、防災科学研究所のが掲載している地震ハザードマップでは下の画像のようになっています。

中国地方で断トツの確率で大地震が来ます。

去年は晴れの国で水害が起こりました。

もう自然災害とは隣り合わせです。

地面が揺れれば、心も揺れると言われている岡山人にとって、防災バッグ等、防災時の行動について家族と確認することももちろん大事なことですが、

まずは暮らし根幹である「家」の防災対策にも目を向けられてみてはいかがでしょうか。

 

 

PAGE TOP